ジャンル「サッカー」子ども習い事

ジャンル「サッカー」子ども習い事(教室・スクール)について

サッカー

子ども習い事の人気ランキング上位のサッカーの人気の理由は
・なんといっても人気のスポーツ
・将来性もあり数多くの教室/スクールがある
・低年齢から始められる
点ではないでしょうか。

下記の情報・説明は前提として「これからサッカーをはじめたい」「ちょっとサッカー経験があって近くのチームを探す」となりますが、習い事のサッカーとしては、チームやスクールに入りサッカー競技(他チームと試合や大会)するものと、教室・体験会に入ってフットサルや主にボールになれる習い事があります。

子ども習い事サッカーの種類

サッカー(フットボール)

ワールドカップも開催されている一般的な11人制アウトドア「サッカー」

フットボール
├ アソシエーション・フットボール
├アメリカンフットボール
└ ラグビーフットボール

アソシエーション・フットボールを一般的に「フットボール(世界的な呼び名)」=「サッカー(日本や米)」

・8人制のジュニアサッカー(小学生)
・ジュニアユース(中学生)

ミニサッカー・フットサル

ミニサッカーは3~7の小規模サッカー

ミニサッカーでもある、主に室内で行う、5人制のフットサル。フットサルはサッカー同様ルールも確定して大会なども開催されています。

サッカーチームの種類

  • 「クラブチーム」(JリーグやJFLに所属するチームのジュニアチーム)
  • 「民間のサッカー教室」
  • スポーツ少年団

など

参照[子どもの習い事「スポーツ少年団」とは]

サッカー費用相場

非営利団体の「スポーツ少年団」と「クラブチーム・サッカー教室」で費用は大きく違いがあります。

クラブチーム・サッカー教室

[会金・年会費]
8,000円

[月謝]
5,000円~15,000円

スポーツ少年団

[会金・年会費]
2,000円程度

[月額]
2,000円~5,000円

用具

[スパイクやユニフォームなど]
5,000円~10,000円

子ども習い事「サッカー用品」これから始める、これさえあれば大丈夫!

その他

遠征費や合宿など

サッカーメリット・デメリット

メリット

  • よりチーム戦の競技であるため、協調性が身につく
  • 体力・運動能力の向上
  • 国民的人気のスポーツであるため将来性がある

デメリット

  • チームへの保護者のサポートが必要で付き添いやお手伝い、多忙な保護者には負担
  • クラブ・チームは遠征や合宿なども多く費用負担が大きい
  • ケガが多い

まとめ

将来性や体力をつけると言った大きなメリットのあるサッカーですが、本格的にサッカーをやりたい・やらせたいなら「クラブチーム」半面他の習い事にくらべ費用がかかります。運動をさせたい、ちょっと試しにと言う感じであれば、費用負担の少ない「スポーツ少年団」で経験をしてみるのも良いと思います。

「スポーツ少年団」は基本的に小学生までのチームとなるため、中学生になって本格的にサッカーを続けたい子どもは「クラブチーム」に参加するケースが多いようです。

近くの「サッカースポーツ少年団」を「子ども習い事のポータルサイト」でさがす

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク