夏の甲子園2018(第100回記念大会)・大阪桐蔭高校優勝おめでとうございます!

夏の甲子園・大阪桐蔭高校優勝おめでとうございます!

奮闘する公立の金足農業高校に大注目が集まる中、第100記念大会において、春夏制覇の大阪桐蔭高校優勝おめでとうございます!

ならびに、大きな感動と注目を集めた、金足農業高校準優勝おめでとうございます!

毎年様々ドラマや注目選手が登場する中、今年は第100回記念大会、大奮闘する公立の金足農業高校の活躍により例年を以上の盛り上がりを見せた夏の甲子園。

大阪桐蔭高校優勝

春夏制覇のプレッシャーと金足農業高校の注目度の中、見事に実力を発揮し期待に応えた、大阪桐蔭の選手に称賛を贈ります。勝つことが当たり前のような状況でプレッシャーを跳ね除け、日々の努力を結果として出せた事は見事でした!

金足農業高校準優勝

公立高校と言うことで、名だたる私立有名校とは環境やスタートラインなど恵まれた状況ではなく、東北の冬で実球練習が難しい環境の中、決勝戦まで勝ち抜いた選手たちに称賛を贈ります。大きな注目を浴びた「吉田輝星君」の実力はさることながら、決勝戦まで勝ち抜ける事が出来たチーム力、素晴らしかったです。

甲子園出場校

2018は予選3781校から、狭き門甲子園への切符を手にした高校は56高校。多くの学校・多くの球児たちが日々の努力の結果をぶつける甲子園。青春時代の目標に甲子園優勝という目標を持ち、夢に向かって努力する。多くの球児たちが本気でぶつかり合う舞台甲子園だからこそ、多くの感動と注目が生まれます。

今回決勝に勝ち進んだ2校は、大きな注目を浴びて称賛も多いですが、甲子園で結果を出せなかった選手、また甲子園の切符を手にすることが出来なかった選手にも、称賛を贈ります。

高校球児たちへこれからの人生へのエールを贈る

甲子園に限ることではないですが、日々の努力を結果として出せる事は簡単なことではありません。すべての人間が努力をしたからと言って、必ず満足いける結果が出る訳ではないが、努力なしでは「満足いける結果」を得る事は出来ない。努力したらこそ、本気の悔しさや涙が出る、努力した経験があるからこそ次に生かせる。

3年生はこれで高校球児としての舞台は終わりましたが、若い君たちはこれからが人生の本番です!甲子園に向けた思い・その努力をこれからの人生の舞台に生かしてください!

甲子園を目指す子どもたち

甲子園出場する事、優勝するする事が人生の目標ではありません、高校卒業後、野球と言うスポーツを仕事として活躍できるのは一握りの努力した人たちです。しかしこの甲子園と言う明確なひとつの目的・夢に向かって努力する事、努力した事に大きな意味を持ちます。

自分の子どもがひとつの目的・夢に向かって努力している姿は親にとって、嬉しいことであり、誇りです。

子どもの可能性は無限大!きっかけを見つける

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク