ジャンル「バレーボール」子ども習い事

ジャンル「バレーボール」子ども習い事(教室・スクール)について

バレーボール

子ども習い事のバレーボールは、基本的に室内で行う通常の「バレーボール」の他「ビーチボールバレー」「ソフトバレーボール」 があります。また、砂浜で行う「ビーチバレー」もあります。

バレーボール習い事(教室・スクール)としては、日本ではバレーボールは歴史があり「ママさんバレーボール」など競技人口も多いスポーツの一つですが、同じインドアスポーツの「バスケットボール」と比べると、日本にはパレ―ボールのプロリーグがないため、子ども向けの「クラブチーム」(プロチームの下部チーム)がないのが現状です。
しかし、小学生バレーボールも歴史が長く、地域に根付いた名門・強豪の小学生バレーボールチームがたくさんあります。

子どもバレーボールの種類

小学生バレーボール

4号軽量球(小学生用)と小さく軽いボールを使用して、室内(体育館)などで行う。「スポーツ少年団チーム」と日本小学生バレーボール連盟に加盟している「小学生バレーボールクラブ」があります。

ビーチボールバレー

硬式のビーチボールを使用して、室内(体育館)なとでおこなう。独自のルールで地域のレクリエーション的に行われているところもありますが、競技としても盛んで全国大会も開かれている。

ソフトバレーボール

ゴム製の大きめのボールを使用して、室内(体育館)なとでおこなう。独自のルールで地域のレクリエーション的に行われているところもあります。

ビーチバレー

砂浜で2対2で行うバレーボール。子どものスクール・チームは少ないですが、地域によっては大会なども開催されいる。

小学生バレーボールのチーム

が主

バレーボール費用相場

月謝 2,000円~3,000円

シューズやユニフォーム ~10,000円

子どもバレーボールメリット・デメリット

メリット

  • 協調性や礼儀正しさが身につく
  • 費用は比較的に安価

デメリット

  • 強豪チームの方針(厳しさ・練習量)によってはなじめない子もいるようです

まとめ

歴史も長く競技人口も多いバレーボール、強豪チームの練習はとても厳しいと聞きます。お子さんにぴったり合った、お近くの「バレーボール教室・スクール」を「子ども習い事のポータルサイト」でお探しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク