子どもの習い事「総合型地域スポーツクラブ」とは

総合型地域スポーツクラブとは

文部科学省が「地域において、スポーツの振興やスポーツを通じた地域づくり」を目的にスポーツ振興施策の1つとして「総合型地域スポーツクラブ」計画・育成を実施してきました。

日本スポーツ協会にSC全国ネットワークを置き、各道府県体育(スポーツ)協会が「総合型地域スポーツクラブ」を支援しています。

総合型地域スポーツクラブは、人々が、身近な地域でスポ-ツに親しむことのできる新しいタイプのスポーツクラブで、 子供から高齢者まで(多世代)、様々なスポーツを愛好する人々が(多種目)、初心者からトップレベルまで、 それぞれの志向・レベルに合わせて参加できる(多志向)、という特徴を持ち、地域住民により自主的・主体的に運営されるスポーツクラブです。

引用[スポーツ庁]

各地域の総合型地域スポーツクラブでは、子ども向けの様々なスポーツ教室や体験が実施されています。

特徴

・指導者は地域のボランティア
・参加は該当地域に住む全世代

参加費

各地域で異なります。

入会費 1,000円程度

年会費 5,000円程度

保険(年) 1,000円程度

プログラム

スポーツ教室・スクールやサークル(文化的活動あり)が行われております。

各地域の総合型地域スポーツクラブを随時掲載していきます。お近くのス総合型地域スポーツクラブを「子ども習い事(教室・スクール)ポータルサイト」でお探しください。

組織体系

スポーツ庁

SC全国ネットワーク(日本スポーツ協会)

都道府県 ← 都道府県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会

総合型地域スポーツクラブ

単位スポーツ少年団

参照[子どもの習い事「スポーツ少年団」とは]

スポンサーリンク