子どもの習い事「スポーツ少年団とクラブチームの違い?」

スポーツ少年団とクラブチームは何が違うの

「スポーツ少年団(スポ少)(少年団)とクラブチームは何が違う?」とか「スポーツ少年団とクラブチームどちらが良いですか?」などの声を聴くことがあります。

どちらが良いかは保護者の選択になると思いますが、違いはいくつかあります。

チーム理念・方針の違い

運営形態の違いと、チームの理念・方針も様々ですが、基本的に「スポーツ少年団」はスポーツを楽しむ。「クラブチーム」は技術向上と違いがあります。

スポーツ少年団とは

スポーツ少年団とは」←参照ください。

  • 非営利団体
  • 目的:スポーツを楽しむ
  • 監督:地域のボランティア
  • 会費:安価
  • 保護者のお手伝い支援が必要(必須)
  • 活動は基本土日

クラブチーム

クラブチームにも、民間企業が運営するチームと地域のチームがあり

民間企業

民間企業にはスポーツクラブなどの、クラブチーム。プロリーグがあるようなスポーツはプロチームのジュニアとしてのクラブチームがあります。

  • 基本営利団体
  • 目的:技術向上
  • 監督:クラブが雇用
  • 会費:高価
  • 保護者のお手伝い支援は基本必要ない
  • 活動は平日や休日様々

地域クラブチーム

各スポーツの地域クラブチームの方針や形態は様々ですが、基本的には

  • 営利・非営利団体
  • 目的:技術向上
  • 監督:地域ボランティアや雇用
  • 会費:様々
  • 保護者のお手伝い支援は必要
  • 活動は平日や休日様々

スポーツによるクラブチームの違い(ユースチーム)について

スポーツによってもクラブチームには違いがあります。技術向上を目的としたクラブチームにも「スポーツクラブ」や「地域のチーム」の他、プロリーグあるスポーツには育成としての「ユースチーム」あります。(サッカーやバスケットボールなど)

割と近年に立ち上がったプロリーグ「サッカー」「バスケットボール」は組織としても先進的な体制・思想であるため「ユースチーム(ユース制度)」についても積極的です。

ユースチーム(ユース制度)

ユース=育成

サッカー 高校生「ユースチーム」中学生「ジュニアユース」小学生「ジュニアチーム」

バスケットボール 高校生・中学生「ジュニアユース」小学生「ジュニア」

野球にはユース制度がありません。NPB12球団ジュニアトーナメントがありますが、育成目的ではありますが、チームとしてのユース制度でありません。

一概にユースチーム(ユース制度)があるから優秀な選手が育つという訳ではないと思いますが、少年野球には古い歴史があり、多くの少年野球チームがあり複雑です。別の記事を書きたいと思います。

どのチーム・団体に入るか

どのような「教室・スクール」「チーム・団体」選ぶかは、お子さんが「体験してみたい」「スポーツを楽しみたい」「上手くなりたい」のか「プロを目指したい」などによって費用面と相談しながら、お子さんにぴったり合った、地域の習い事(教室・スクール)を「子ども習い事のポータルサイト」でお探しください。

スポンサーリンク