ジャンル「野球」子ども習い事

ジャンル「野球」子ども習い事(教室・スクール)について

野球

子ども習い事の人気ランキング上位の野球の人気の理由は
・上下関係を重んじるため、礼儀作法が身につく
・体力/運動能力が向上
点ではないでしょうか。

子ども野球の種類

学童軟式野球(小学生)少年軟式野球(中学生)

日本では一番加盟団体の多く「スポーツ少年団」や「学校単位のチーム」のが主

全日本軟式野球連盟

都道府県軟式野球連盟

市区町村軟式野球連盟

市区町村少年野球連盟

単位少年野球チーム

参照[子どもの習い事「スポーツ少年団」とは]

硬式リーグ

世界大会も行われている「リトルリーグ(小学生)」

リトルリーグの上位「リトルシニア(中学生)」

ボーイズリーグ(小中学生)」

など

子ども野球費用相場

軟式少年野球では監督や運営が保護者である場合もあり、各チーム違いが大きいです。

月謝

5,000円程度

会金・年会費 5,000円程度

用具

グローブ・バットやスパイクユニフォームなど

~50,000円

子ども習い事「野球用品」これから始める、これさえあれば大丈夫!人気のおすすめグローブ・スパイク

その他

遠征費や合宿など

子ども野球メリット・デメリット

メリット

  • 上下関係を重んじるため、礼儀作法が身につく
  • ポジションがはっきりしているので責任感がつきやすい
  • 体力/運動能力が向上
  • 国民的人気のスポーツであるため将来性がある

デメリット

  • チームへの保護者のサポートが必要で付き添いやお手伝い、多忙な保護者には負担
  • 用具を揃えるための費用が高い
  • 土日がほぼ潰れる

まとめ

圧倒的に所属団体の多い軟式少年野球とリーグどちらも、育まれる精神・体力や感じられるデメリットは同じですが、本格的に野球を始めて続けるなら、やはり硬式のリーグだと思います。

軟式から初めて硬式リーグへ転向するケースもあり、チーム数の多い近くの「少年野球」を「子ども習い事のポータルサイト」でお子さんに合うチームをお探しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク