ジャンル「テニス」子ども習い事

ジャンル「テニス」子ども習い事(教室・スクール)について

テニス

近年子ども習い事の人気ランキング上昇のテニスの人気の理由は
錦織圭選手の活躍による「テニス」注目度UP!
・生涯楽しめるスポーツ
・基本的にシングルスポーツなのでメンタル面が鍛えられる
点ではないでしょうか。

子どもテニスの種類

硬式テニス

オリンピック競技にも採用されいる、一般的な「テスト」

軟式テニス(ソフトテニス)

ゴム製の軽く柔らかいボールを使用し、ラケットも「硬式テニス」より軽いく短いものを使用。まだ、体が出来上がっていない子どもにとっては、腕や肩に負荷の少ない「軟式テニス」はお勧めです、中学生のクラブ活動の大半は「軟式テニス」です。

子どもテニスのスクール種類

など、大手スクールでは室内「インドア」もあります。

テニス費用相場

民間テニススクール

月謝

6,000円程度

用具

ラケットやシューズなど

~15,000円

テニスのメリット・デメリット

メリット

  • 生涯楽しめるスポーツ
  • 基本的にシングルスポーツなのでメンタル面が鍛えられる
  • 個人競技なので誰でも試合に出場することができる

デメリット

  • 練習場所が少ないく、送迎など負担
  • 用具を揃えるための費用が高い
  • 硬式は肩や肘、部分的負担故障が多い

まとめ

テニスは世界的にもメジャーなスポーツでありますが、世界ランキング上位に日本人がランキングすることはハードルが高いスポーツであります。

日本では中学校には多くの軟式テニスクラブが活動していますが、低年齢から硬式テニスを習う人口は少なく、世界との差がつくのは仕方がない状況かもしれません。軟式テニスは体が出来上がっていない子供にとっては負荷も少なくとても良いスポーツですが、世界ランキングトップ10入る、錦織圭選手のようなスターを夢るお子さんには是非お近くの「硬式テニススクール」を「子ども習い事のポータルサイト」でお探しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク